百街道一歩の羽州街道

あなたは番目のお客様です




羽州街道全体地図(上山の掲示板より)   


羽州街道は、福島県桑折の追分で奥州仙台の道(広義の奥州街道)と分かれ、小坂峠を越えて宮城県に入り、七ヶ宿を経て、金山峠を越えて山形県に入り、楢下(ならげ)、上山、山形、天童、楯岡、尾花沢、新庄を経て、院内峠(雄勝峠)を越えて、秋田県に入り、湯沢、横手、六郷、大曲、久保田(秋田)、能代、大館を経て、矢立峠を越えて青森県に入り、弘前、浪岡を経て油川で奥道中(広義の奥州街道)に合流する約500kmの街道です。

  陸奥・出羽国を南北に貫く重要な幹線道で、58の宿駅が設けられ、上山、山形、天童、新庄、秋田、弘前と6つの城下町を通り、弘前藩、秋田藩、庄内藩など13大名が参勤交代をした道でもあります。また、米など物資輸送にも利用され、出羽三山を目指す参詣の道としても賑わいました。

 この街道は、古川古松軒(幕府巡見使に随行)『東遊雑記』(1788年)、菅江真澄(秋田・青森を旅)(1784、1792-1829)『菅江真澄遊覧記録』、吉田松陰(幕末の思想家)(1851-1852年)『東北遊日記』、イザベラ・バード(英国旅行作家)(1878年)『日本奥地紀行』など多くの著名人が旅をし、記録を残しています。

 一歩は、平成29年4月29日、桑折から歩き始めることにしました。 


(直近更新日平成29年7月23日

百街道一歩の羽州街道の道の記録
概要版はこちら⇒百街道一歩の羽州街道概要版

 行程  概要版 距離(累計)   歩いた日 更新日   副題
1桑折〜七ヶ宿(関宿)   ★ 22km  H29.4.29  H29.7.22 半田銀山跡・産坂の異名小坂峠・茅葺下戸沢・奇観材木岩・ダム湖底渡瀬宿
2七ヶ宿(関宿)〜干蒲   ★ 17km(39km)  H29.4.30 H29.7.23 茅葺滑津宿本陣・迫力滑津大滝小滝・旧道に大わらじ・追分の別れ・水芭蕉
3干蒲〜上山宿    15km(54km) H29.5.1    
4上山宿〜山形宿  ★ 12km(66km) H29.5.2     
5山形宿〜天童宿  ★ 14km(80km) H29.5.20    
6天童宿〜土生田(とちうだ)宿 21km(101km)  H29.5.21    
7土生田宿〜 芦沢   13km(114km) H29.6.23
8芦沢〜新庄宿   15km(129km)  H29.6.24     
9新庄宿〜金山宿    15km(144km) H29.6.25    
番外 大石田・最上川・羽黒山・鶴岡     H29.6.30    
10金山宿〜及位(のぞき)宿    17km(161km) H29.7.1    
11及位宿〜三関   19km(180km)  H29.7.2    
12三関〜十文字   14km(194km) H29.7.3    

【主な参考資料】

『羽州街道をゆく』藤原優太郎(無明舎出版)
『羽州街道紀行MAP』(羽州街道交流会)
『福島県文化財調査報告書第122集「歴史の道」調査報告書 羽州街道 桑折―小坂峠』(福島県教育委員会 昭和583月)
『宮城県文化財調査報告書 第55 集歴史の道調査結果略報(6)七ケ宿街道』(昭和52年度)(宮城県教育委員会)
『昭和53年度 山形県歴史の道調査報告書 羽州街道』(山形県教育委員会)
『昭和613月 秋田県文化財調査報告書第141集 歴史の道調査報告書[ 南部羽州街道』(秋田県教育委員会)
『昭和603月 秋田県文化財調査報告書第132集 歴史の道調査報告書Y北部羽州街道』(秋田県教育委員会)
『青森県「歴史の道」調査報告書 羽州街道』(昭和583月発行 青森県教育委員会)
『街道をゆく 羽州街道、佐渡のみち』司馬遼太郎(朝日新聞社)
 『日本奥地紀行』イサベラ・バード(平凡社東洋文庫)
 『雪の出羽路雄勝郡・高松日記・駒形日記他 』(菅江眞澄全集 第五巻 地誌T)編集=内田武志・宮本常一(未来社)
 『雪の出羽路平鹿郡』(菅江眞澄全集 第六巻 地誌U)編集=内田武志・宮本常一(未来社)
『月の出羽路仙北郡』(菅江眞澄全集 第七巻 地誌V編集=内田武志・宮本常一(未来社)

『月の出羽路仙北郡・河辺郡・花の出羽路秋田郡・山本郡他』(菅江眞澄全集 第八巻 地誌W編集=内田武志・宮本常一(未来社)
 『菅江真澄遊覧記1〜5』 菅江真澄著 内田武志・宮本常一編訳(平凡社東洋文庫) 
 『菅江真澄図絵集 秋田の風景』田口昌樹編(無明舎出版)
 『東遊雑記』古川古松軒(平凡社東洋文庫)
 『梅津政景日記読本』渡部景一著(無明舎出版)
 『大日本古記録』「梅津政景日記」  東京大学史料編纂所編(岩波書店)


百街道一歩の道中記トップへ