百街道一歩の北陸道

あなたは番目のお客様です


木ノ芽峠


平成19年から旧街道ウオークの仲間とともに歩き始めた北国街道も、いよいよ平成261122日高田まで到達することになりました。北国街道は、中山道との追分を起点としますが、終点は、狭義では高田です。広義では出雲崎ですが、その場合北陸道との重複が生じます。一歩は、これまでから一つの街道は、起点から終点まで通して歩くのをモットーにしてきましたので、どうせ「北陸道」を歩くのなら、通して歩こうと思い立ちました。北陸道の起点・経路については、諸説ありますが、古い順から概略次の四つのようです。①敦賀から海沿いの道を通って、山中峠を越えて今庄に至る最古の道、②敦賀から平安時代初期の天長七年(830)に開削され、以後主流となった木ノ芽峠を越えて今庄に至る道、③京から琵琶湖西岸を経て木ノ芽峠を越えて今庄に至る道、④鳥居本で中山道から分岐して柴田勝家が開削した栃ノ木峠を越えて今庄に至る道。いずれも今庄に集まってからは一本の道となり、福井、石川、富山を経て、高田で北国街道に合流、出雲崎を越えて、新潟まで通じていました。

一歩は、このうち、最も長く主流として使われ続けたと思われる②の経路を選んで、「百街道一歩の北陸道」として歩くこととしました。


 (直近更新日平成28年12月25日)


行程 距離(累計) 歩いた日 更新日 副題
1敦賀~新保 10km H26.11.1
2新保~湯尾 18km(28km) H26.11.2
3湯尾~鯖江 18km(46km) H26.11.3
4鯖江~福井 15km(61km) H26.11.8
5福井~丸岡 14km(75km) H26.11.9
6丸岡~細呂木 13km(88km H27.4.29    
7細呂木~動橋(いぶりばし) 17km(105km) H27.4.30
8動橋~粟生 20km(125km) H27.5.1    
9粟生~金沢 22km(147km) H27.5.2    
10金沢~津幡 13km(160km) H28.3.19    
11津幡~福岡 22km(184km) H28.3.20    
12福岡~高岡 10km(192km)  H28.3.21    
13高岡~小杉 8km(200km) H28.4.29    
14小杉~岩瀬浜 17km(217km) H28.4.30    
15岩瀬浜~魚津 21km(238km) H28.5.1    
16魚津~浦山 14km(252km) H28.9.16    
17浦山~越中宮崎 18km(270km) H28.9.17    
18越中宮崎~青海 19km(289km) H28.9.18    
19青海~浦本 15km(304km) H28.9.19    
20浦本~名立 17km(321km) H28.10.9    
21名立~直江津(国分寺) 15km(336km) H28.10.10    
22直江津(国分寺)~高田 7km(343km) H28.10.11    
23高田~春日新田(直江津) 9km(352km) H26.11.23    
24春日新田(直江津)~上下浜 13km(365km) H28.11.    
25上下浜~青海川 18km(383km) H28.11.4    
26青海川~刈羽 13km(396km) H28.11.5     
27刈羽~出雲崎(踏破) 17km(413km) H28.11.6    

【主な参考資料】

・『福井県歴史の道調査報告書第2集 北陸道Ⅱ・丹後街道Ⅰ』(福井県教育委員会)
・『福井県歴史の道調査報告書第1集 北陸道Ⅰ・吉崎道』(福井県教育委員会)
・『石川県歴史の道調査報告書第一集 北陸道(北国街道)』(石川県教育委員会)
・『富山県歴史の道調査報告書―北陸街道―』(富山県教育委員会)
・『新潟県歴史の道調査報告書第一集 加賀街道・松本街道』(新潟県教育委員会)
・『新潟県歴史の道調査報告書第五集 北国街道Ⅱ』(新潟県教育委員会)
・『新潟県歴史の道調査報告書第第九集 三国街道Ⅱ・北国街道Ⅲ』(新潟県教育委員会)
・『街道を歩く㉑北陸道(一)鳥居本―金沢―石動』(中山高安著)
・『北陸街道紀行―芭蕉「おくのほそ道」を織り込んでー』松尾一著(まつお出版)
・『百寺巡礼』五木寛之著(講談社文庫)
・『街道をゆく18 越前の諸道』司馬遼太郎著(朝日文庫)
・『芭蕉「おくのほそ道」の旅』金森敦子著(角川ONEテーマ21


百街道一歩の道中記トップへ