百街道一歩の熊野街道概要版

詳細はそれぞれの表題をクリックしてご覧ください


1渡辺津〜谷町六丁目

平成26109日・平成27527


窪津王子跡(坐摩神社行宮)

・平成26109日、渡辺津から谷町六丁目まで歩きました。実はその時は、暗越奈良街道の補足として、高麗橋から渡辺津のくまの街道案内碑、榎大明神を経て、玉造稲荷神社分社東雲稲荷神社まで歩いたのです。
・それを前提に、平成27527日、いよいよ本格的に熊野街道を歩こうと思い立ち、さらに補足をしました。
・京都からの熊野詣は、淀川を船で下って来て、その上陸地点が渡辺津(窪津又は八軒家とも)です。「八軒家舩着場跡」碑、八軒家船着き場の唯一の名残りだという石段を見て、福助ビルの前の「くまの街道」と題する案内碑が熊野街道の出発地。榎大明神の手前までは、御祓筋と言われるこの道を真っ直ぐ南に行くのが熊野街道です。
・近くの窪津王子跡は、現在の坐摩神社行宮の場所がそうではないかと言われています。
・釣鐘堂の釣鐘は、徳川三代将軍家光公が大坂下向の折、大坂三郷の地子銀を永代免除し、これに感謝した町人が記念に鋳造したものです。
・南大江小学校の前に「太閤下水」があります。江戸時代に造られた下水道が現役で機能している例は世界に例がないそうです。
・南大江公園西南角に「朝日神明社跡(坂口王子伝承地)」の案内板があります。
・熊野街道第一回は、榎大明神手前角までとしました。
 
 2谷町六丁目〜住吉

平成27年5月27日

・四天王寺熊野権現禮拝石
 ・平成27527日谷町六丁目から住吉(神ノ木駅)まで歩きました。
・榎木大明神の北の角を東に折れ、谷町筋の一つ東の角を右折して、南下します。
・上汐公園角で街道を離れ、東の方に上野王子跡があります。
・四天王寺の手前には、街道を離れて、伝藤原家隆墓(大阪府史跡)、勝鬘(しょうまん)院の金堂(重文)と多宝塔(重文)、大江神社、夕陽ヶ丘、愛染坂などを探訪しました。
・四天王寺の熊野権現禮拝石で往時に倣って熊野詣の無事を祈りました。
・四天王寺の西側の堀越神社境内には熊野第一王子之宮、大阪市内で最古の年号を刻む宝永二年(1705)の道標があります。
・天王寺駅から先は、松虫交差点までは阿倍野筋が熊野街道です。
・松虫交差点で街道を離れ松虫塚を見て、旧道に入ります。
・安倍晴明神社は、「安倍晴明生誕伝承地」です。
・すぐ先、熊野九十九王子のうち、大阪府で唯一現存する阿倍王子神社があります。
・その先、街道を離れて「北畠公園」の一画にある「北畠顕家卿之墓」にも足を伸ばしました。
・時間切れで、本日は、住吉の神ノ木駅までとしました。
 3住吉(神ノ木駅)〜鳳

平成27528

住吉大社
 ・平成27528日、住吉(神ノ木駅)から鳳まで歩きました。
・摂津一宮住吉大社には旧津守王子があるほか周辺も含めいろんな見所があります。
・宝永元年(1704)に付替えられた人工の流路である大和川を渡ると、堺です。
・大阪刑務所に近い境王子、方違神社、反正天皇陵、仁徳天皇陵を通って、御陵通を西進、堺環濠都市の南端、山之口橋から南に向かいます。
・延喜式内社石津神社の初代宮司は、野見宿禰です。
・昔は布を晒したという石津川を渡り、大鳥大社は、閉まる10分前に飛び込みました。和泉国の式内社62座の頂点、一の宮です。
・予定を変更して、本日は鳳駅までとしました。
4鳳〜泉佐野

平成27年5月29日
 
 (調整中)
 5泉佐野〜山中渓

信達宿本陣
 ・平成27年5月30日、泉佐野から山中渓まで歩きました。
・蟻通神社は、旧地が戦時中飛行場となり移転したものですが、清少納言の枕草子に紹介されています。
・条理制の遺構である八丁畷の先、大坂夏の陣で討ち死にした塙(ばん)団右衛門の五輪塔があり、その先に樫井古戦場跡碑があります。
・白鳳時代に建立されたという海会寺跡は、国指定史跡の公園になっています。
・厩戸王子跡を見て、信達(しんだち・したち)宿は、参勤交代の宿場町の面影を残しています。
・信達一ノ瀬王子跡の先、林昌寺は、行基によって開創されたという名刹で、庭のツツジが見事です。
・和泉鳥取駅の前の鳥居が、長岡王子跡です。
・琵琶ヶ岸懸は、熊野街道最大の難所と言われるだけあって、絶壁に恐怖を感じました。
・地蔵堂王子跡、馬目王子跡は、それぞれ案内板だけです。
・山中宿は、石畳が整備されるなど往時の面影を残しています。
 6山中渓〜布施屋

境橋(和泉国から紀伊国へ)
 ・平成27113日、山中渓から布施屋まで歩きました。
・山中渓では、まずは前回の積み残しのウハメ王子社跡を確認しました。
・山中関所跡は、山裾のわかりにくい場所にあります。
・泉州(和泉国)と紀州(紀伊国)の国境(大阪府と和歌山県の府県境)である境橋は、これが府県境かと思うくらい小さな橋です。ここは、日本最後の仇討の場でした。
・和歌山初の王子社跡である中山王子社跡を見て、高速道路横の雄ノ山峠には、峠の不動明王が昔の面影をとどめています。
・山口王子社跡には万葉歌碑があり、その先、日本武尊白鳥伝説や小野小町伝説があります。
・中山王子社と山口王子社を合祀した山口神社に参拝後、街道を離れて向かった里集落の山口小学校は、紀州御殿跡です。
・川辺王子社跡は王子社らしい姿をとどめ、中村王子社跡は、案内板のみですが、ともに力侍(りきし)神社に合祀されています。
・川辺橋で紀ノ川を渡り、布施屋(ほしや)の渡し場の案内板、吐前(はんざき)王子社跡を見て、真っ暗な中、布施屋駅にたどり着きました。

 百街道一歩の道中記トップへ熊野街道トップへ