百街道一歩の熊野街道

あなたは番目のお客様です


    
  渡辺の津の案内板         大門坂(ポスターより)


平安時代中期から盛んになった熊野詣は、京都から淀川を船で下って来て、渡辺の津(現在の大阪市中央区天満橋京町 江戸時代は八軒家浜と呼ばれました)で上陸し、ここを起点に熊野に向かっていました。終点となる熊野本宮までの道筋には九十九王子をまつった社が置かれ、蟻の熊野詣と形容されるほど賑わったといいます。
 世界遺産熊野古道は、あまりにも有名かつ魅力的で、一歩もいよいよ挑戦してみる気になりましたが、街道の起点から終点まで通して歩くことにこだわる一歩としては、平安人になったつもりで、熊野古道ではなく熊野街道を渡辺の津から歩き始めることとしました。


【概要版はこちら】

(直近更新日平成29年3月21日


行程

距離(累計)

歩いた日

更新日

副題

1八軒家〜谷町六丁目 2km H26.10.9H27.5.27 H27.12.31 起点は渡辺津・第一王子は窪津王子・世界に例ない太閤下水・榎木大明神
谷町六丁目〜住吉 8km10km H27.5.27 H28.1.3 四天王寺で熊野詣の無事祈願・阿倍晴明生誕地・府内唯一現存阿倍王子神社
3住吉〜鳳 12km22km H27.5.28 H29.1.1 摂津一宮住吉大社に旧津守王子・大和川を越えて堺へ・和泉一宮大鳥神社
4鳳〜泉佐野 22km44km) H27.5.29 調整中  
5泉佐野〜山中渓 12km56km H27.5.30 H29.1.3 大坂夏之陣樫井古戦場跡・国史跡海会寺跡・絶壁の琵琶ヶ岸懸の先に山中宿
6山中渓〜布施屋 14km(70km) H27.11.3 H29.1.3 これが府県境か境橋・山口小学校に紀州御殿跡・紀ノ川越えて布施屋へ
7布施屋〜橋本 17km(87km) H27.11.4 H29.2.24 荘厳日前宮・伊太祈曽神社・藤白神社・迷走の連続・有馬皇子の悲劇藤白坂
8橋本〜宮原 7km(94km) H27.11.5 H29.2.27 沓掛から蕪坂・拝ノ峠・太刀の宮・爪書地蔵・行倒供養・またも迷走宮原へ
9宮原〜内原  22km(116km) H27.12.5 調整中  
10内原〜切目 22km(138km) H27.12.6 調整中  
11切目〜南部(みなべ) 11km(149km) H28.1.8 H29.2.28 哀れ有間皇子結び松・砂浜が街浜千里の浜・南部の梅林・梅干
12南部〜向越(むかいごし) 25km(174km) H28.1.9  H29.3.3 朝日に照る鹿島・潮垢離浜から中辺路へ・夕暮れの鮎川の先
13向越〜小広峠 23km(197km) H28.1.10 調整中  
14小広峠〜熊野本宮大社(大斎原) 15km(212km) H28.1.11 調整中  
15新宮〜浜の宮王子 14km(226km) H28.3.5 H29.3.5 出発は速玉大社・旧道の趣高野坂・小狗子峠・大狗子峠を経て浜の宮へ
16浜の宮王子〜那智山 7km(233km) H28.3.6 H29.3.17 古道の趣尼将軍供養塔への荷坂・これぞ熊野古道大門坂・那智山へ
17那智山〜小口 13km(246km)  H28.4.23 H29.3.19
舟見峠・石倉峠・最高峰越前峠・苔むす石畳の胴切坂と難所続く大雲取越
18小口〜熊野本宮大社(大斎原)+川下り 14km(260km) H28.4..24 H29.3.21 シダと雲海の快適な小雲取越・ハイライトは百間ぐら・大斎原到着後川下り

【主な参考資料】 
・『歴史の道調査報告書第一集 熊野・紀州街道―調査報告篇・論考篇―』大阪府教育委員会
・『歴史の道調査報告書集成3―近畿地方の歴史の道3(和歌山3熊野参詣道とその周辺)和歌山県教育委員会原本編集』(海路書院)
・『熊野古道ガイドブック 熊野への道』吉田昌生著 向陽書房
・大阪府歴史街道ウォーキングマップ『熊野街道』(ホームページ)  
 http://www.pref.osaka.lg.jp/doroseibi/kakusyusesaku/rekishikaidou.html

・『熊野古道みちしるべ―熊野九十九王子現状踏査録―』(西律著)
・『国宝熊野御幸記』三井記念美術館・明月記研究会共編(八木書店)
・『大阪府内熊野九十九王子調査覚書』(中村浩)
・ 『熊野古道』小山靖憲著(岩波新書)

・ 『和歌山県街道マップ熊野古道』


 百街道一歩の道中記トップへ