百街道一歩の千人同心日光街道


あなたは番目のお客様です


(「八王子郷土資料館だよりvol.95 2014.7」より)


 千人同心は、江戸時代、八王子の周辺に土着していた千人頭を中心とした郷士の集団です。天正18年(1590)徳川氏の関東入国を機に甲斐の武田旧臣小人頭を中核に構成され、甲州の国境警備と治安維持の任にあたりました。承応元年(1652)以降、二組百人が交代で日光勤番を命じられ、日光火の番が主な任務となりました。
 千人同心が日光へ行く経路は、八王子から拝島に渡り、坂戸、松山、行田、佐野を経て、佐野からは日光例幣使道を通って日光に至る経路でした。一時、江戸に出て千住から宇都宮を経由する日光道中を通ったこともありましたが、ほとんどの場合この経路が利用されています。
 全体の行程は約40里(3930丁(156.4km))、片道34日の道中でした。
 一歩は、千人同心日光街道を八王子から日光例幣使道との合流地点である佐野まで歩くことにしました。これまでに日光道中、日光壬生道、日光例幣使道、日光御成道、日光東往還を踏破してきましたので、千人同心日光街道を歩けば、日光への主な街道は、全て踏破することになります。


(直近更新日:平成30年2月13日

 行程  距離(累計) 歩いた日  更新日  副題 
1八王子〜拝島  9km(9km) H30.2.4

【主な参考資料】

『日光への幾つもの街道の地図 千人同心日光街道』(街道を愛する会編)
『多摩の街道上 甲州街道・青海街道編』清水克悦・津波克明著(けやき出版)
『江戸幕府八王子千人同心 増補改訂』村上直編(雄山閣)
『ブックレット千人のさむらいたち〜八王子千人同心〜』(八王子郷土資料館)
『江戸時代の八王子宿』樋口豊治著(揺籃社)
『八王子市史下巻』
『多摩のあゆみVol.23特集八王子千人同心』(昭和56515日発行)
『多摩のあゆみVol.94特集多摩の街道と宿』(平成11515日発行)
『多摩 歴史探訪ウォーキング』(メイツ出版)
『東京都の歴史散歩 下多摩・島嶼』(山川出版社)
『今昔三道中独案内 日光・奥州・甲州』今井金吾著(JTB出版事業局)
『市民のための八王子の歴史』樋口豊治著(有峰書店新社)
『昭島市の文化財』(昭島市教育委員会)
『昭島市史』
『瑞穂町史』


百街道一歩の道中記トップページへ