百街道一歩の越中西街道(鰤街道)

あなたは番目のお客様です


高山の中橋


  高山から越中国へ通じる越中街道には越中東街道、越中中街道、越中西街道の三つのルートがありました。このうち、一歩は、越中西街道を歩くことにしました。

越中西街道は、高山を起点とし、上廣瀬、古川、野口、大無雁と進んだ後、宮川の両岸を下流に向かって越中国境を越え、加賀沢、笹津を経て富山へ達していました。この街道は、富山湾で獲れる鰤(ぶり)を飛騨や信濃へ運ぶ道でもありましたので、鰤(ぶり)街道ともいわれました。越中では飛騨街道、飛州往来、高山道などと呼ばれました。

平成291020日、まずは、高山から古川まで歩きました。 


(直近更新日平成29年12月29日

 行程 距離(累計)   歩いた日 更新日   副題
1高山〜古川  17km(17km)  H29.10.20  H29.12.29  五街道の起点高山の中橋・越中東街道との追分・霞橋を渡ると夕暮れの古川 

【主な参考資料】

『歴史の道 飛騨野麦越中街道調査報告書』(昭和55年岐阜県教育委員会)
『歴史の道調査報告書 越中西街道』(昭和
59年岐阜県教育委員会)
『富山県歴史の道調査報告書―飛騨街道(その1)―』(1979年富山県教育委員会)
『定本 鰤街道 その歴史と文化』(郷土出版社)(
1999年)

『飛騨ぶり街道物語―- ぶり街道の文化と自然―』岐阜新聞社(2001/10発売)


百街道一歩の道中記トップへ