百街道一歩の金沢街道(六浦道)
あなたは番目のお客様です



朝夷奈切通


金沢街道(六浦道)は、仁治二年(1241)鎌倉幕府執権北条泰時が六浦湊に荷揚げされた物資を円滑に鎌倉へ輸送するため造った道です。泰時は、自ら馬に乗って督励し、土を運んだと言われています。
 わずか約8kmの道ですが、沿道には、名刹・旧跡が数多く、なかでも、朝比奈三郎義秀が一夜で切り開いたと伝えられる「朝夷奈切通」は、往時の姿をよく残しています。
 平成281029日Y氏の主宰で、成田街道や、東金御成道を一緒に歩いた仲間と一緒に一日で、踏破しました。

(直近更新日平成28年12月25日


行程

距離(累計)

歩いた日

更新日

副題

1六浦〜「鎌倉 8km H2810.29 往時を彷彿朝夷奈切通・名所旧跡の連続

【参考資料】

『旧鎌倉街道 探索の旅 下道編』芳賀善次郎著(さきたま双書)

『神奈川県の歴史散歩下』(山川出版社))


百街道一歩の道中記トップへ