長崎路浜道 浜〜肥前山口(踏破)

平成30年10月2日

―重伝建浜宿・鹿島城跡・複雑殿ノ橋追分・高町宿・六角宿経て長崎街道へ―

(平成31年1月3日更新 


【本日の行程  街道距離21km】

浜宿(7時45分)→鹿島(10時40分)→殿ノ橋(12時45分)→深浦峠(14時10分)→高町宿(15時10分)→六角宿(16時20分)→小田(肥前山口)(18時10分)(踏破)


 ・JR諫早駅6時32分の電車に乗って、JR肥前浜駅に7時41分に降り立った。

・本日の出発点は、浜宿だ。

・浜宿は、浜川の河口に発達した宿場町で、鹿島一里、塩田二里一丁、多良三里七丁の距離にある。藩営の上使屋と客屋があり、陸路と海路の往来に備えた高札場が浜土橋の近くにあった。次ぎ場と馬屋の周辺は酒蔵通りと呼ばれて白壁土蔵造りの町並みが残っている。平成18年、「鹿島市浜庄津町浜金屋町」・「鹿島市浜中町八本木宿」が「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。


肥前浜宿案内図

・肥前浜駅に「浜宿散歩」という大変重宝なリーフレットが置いてあり、これをもとに歩くこととした。

・JR肥前浜駅からは、浜宿の町並みを戻ることになり、途中探索しながら歩いたのと、二日後の10月4日、多良海道3多良〜塩田でも補完しながら重複してここを歩いたので、実際に歩いた順序はばらばらだが、便宜、浜宿の南の端から街道の経路に沿って記述することとする。

「浜崎」信号からが、「重要伝統的建造物群保存地区」「浜庄津町浜金屋町(はましょうづまちはまかなやまち)地区」の始まりだ。「浜庄津町浜金屋町地区」は、ここから浜大橋まで続く。


浜崎信号(右折)

・「浜崎」信号を右折し、すぐ先を左折すると、別世界のような家並みとなる。

・まず、目を引くのは、左手に並ぶ二軒の茅葺屋根の家だ。消火器が黒い木箱に入っていて景観に配慮しているのもうれしい。「消火栓設備遠隔操作盤」もある。この二つの消火設備は、この先でもよく見かける。


二軒の茅葺屋根の家

・右手に祠の中に「夷三郎」(えびすさぶろう)という文字だけ彫られた珍しい恵比寿像がある。案内板によると、佐賀県で最も古いものの一つとのことで、「貞享四年(1689)」とあるが、貞享四年なら1687年のはずだ。


「夷三郎」恵比寿像

・右手茅葺の家の角を右に入って行くと、浄立寺がある。慶長10年(1605)に造られ、正保2年(1645)浜の大火によって焼失、再建されている。


奥に浄立寺

浜川に突き当ると、「浜庄津町浜金屋町重要伝統的建造物群保存地区」と題する案内板がある。「現在の地区名は江戸時代の町名「庄津町」「金屋町」の頭文字から「庄金」と呼ばれています。金屋は鍛冶屋、庄津は船頭のことで、江戸時代から商人や船乗り、鍛冶屋や大工が暮らしにぎわっていました。」などと書かれている。なるほど、『九州文化図録撰書3 長崎街道 肥前長崎路と浜道・多良海道 』(図書出版のぶ工房)p111の「承応元年(1652)浜推定屋敷割復原図」によると、南から「浜金屋町」「浜庄津町」「浜新庄津町」となっている。これで、町が二つもある長い地区名に納得した。

・ここを左折すると右手に浜大橋がある。

・浜大橋手前左手に事比羅神社がある。高い石段の上にある。ここから鹿島富士が見えた。鹿島富士とは、唐泉山(標高410m)のことで、均整のとれた円錐形の形からこう呼ばれる。

  
事比羅神社と鹿島富士(唐泉山)

・足を伸ばして、臥竜ケ丘公園の麓にある泰智寺にも行ってみた。鹿島藩主の菩提寺だ。鹿島藩初代鍋島忠茂が、妻の正円隆心大姉の霊を弔い祇園山隆心寺を建立、元和九年(1623)落成。二代藩主正茂の時初代の忠茂の分骨 を移し、寺号も永渓山泰智寺と改めた。慶安三年(1650)の大火で寺は焼けたが、当時の面影を留める。後年三代藩主の直朝の長男が普明寺を建立、鹿島鍋島家の菩提寺とした。本堂に安置される十六羅漢像は鹿島市指定の重要文化財になっている。


泰智寺

・さらに足を伸ばして、松岡城の麓松岡神社にも行った。


松岡神社

・松岡神社は、日本武尊の故事にある仁八田の山(仁田山)の木々に包まれている。日本武尊が能美庄に上陸して土蜘蛛を退治したという伝説がある。応仁三年(1469)小城の千葉介教胤が小城・佐嘉の軍兵を率いて六月十五日、祇園会で賑わう藤津の浜に上陸、時の城主大村家親の松岡城を奇襲したが、雷鳴がとどろき、霰が激しく降り注いだので、乱暴狼藉をして急ぎ船に引き上げ帰国の途についたが、一人残らず水没。大村方には御神徳、千葉軍勢には神罰と畏れられた。

・松岡神社の背後は、その松岡城跡だ。戦国時代は龍造寺隆信と戦った有馬晴純(仙崖斉)の居城だった。

浜大橋に戻る。浜川に架かる橋で、渡った先は、「重要伝統的建造物群保存地区」「浜中町八本木宿地区」になる。


浜大橋

・浜大橋を渡った右手に、「肥前浜宿 高札場(こうさつば)」と題する案内板がある。海路から来る旅人と陸上を通る旅人のために二つの高札場が立てられていたと書かれている。


肥前浜宿 高札場

・浜大橋を渡った右手に道路元標があるはずと探したが、なかなか見付からなかった。それもそのはず、右手に少し進んだ川沿いに、ようやく見付けた。「浜町道路元標」と題する案内板には、大正9年に制定された旧道路法施行令に基づいて大正11年に当時の各市町村に1ヶ所ずつ建てられたと書かれている。現在は、役割を終え、道路法上は「道路の付属物」に定められているに過ぎず、全国的にも残っている数が少なく非常に貴重なものだそうだ。


浜町道路元標

・浜大橋を渡った先、左手に「浜大橋」バス停があり、恵比寿像のある角を左折すると、ここから、また、別世界のような家並みとなる。


浜大橋バス停の先を左折

・まず、右手に峰松酒造がある。案内板によると、大正5年の創業で、酒造りを始める前は浜宿で廻船問屋を営んでいたそうだ。明治以降に酒造業が自由化され、浜町では造り酒屋が明治34年に8軒、昭和14年には13軒あったという。


峰松酒造

・峰松酒造の隣、右手奥に引っ込んだ所に中町公民館がある。「承応元年(1652)浜推定屋敷割復元図」を見ると、ここを含む地所は「真崎」家で、その向かい、街道左手に宿場の長である「別当」がある。「真崎」家は、諸国の大名や家老から鹿島の藩主や年寄中へ頻繁に飛脚(使者)が到来し、「使者屋」で料理が出され接待されたことが『鹿島藩日記』に見え、その「使者屋」だった所と推定されている。中町公民館前の「宿場町の施設」と題する案内板に、浜中町には「客屋」「高札」「番所」が、八本木宿には本陣の機能を果たした「上使屋(御茶屋)」や「札馬」が置かれていたことなどが書かれている。ここで言う「客屋」が「使者屋」のことだろう。


中町公民館

・中町公民館向かい、街道左手に恵比寿像に「鮒市とフナンコグイ」の案内板がある。


恵比寿像 「鮒市とフナンクゴイ」の案内板

・その先、右手の旧魚市場の所にも同様に「鮒市とフナンコグイ」の案内板がある。毎年二十日正月の前日の一月十九日にはこの通りで朝早くから恵比寿さんに供える鮒の市が開かれる。300年以上続く伝統行事だ。本来は鯛なのだが高価なことと、有明海では鯛がとれないことから鮒を代用する。鮒はそのままでは泥臭いので、昆布を巻き、ゴボウ、大根、にんじんなどと一緒に一昼夜ほど煮る。浜町ではこれはフナンコグイと呼び、代表的な郷土料理になっている。ちょうど居合わせた女性にも話をお聞きした。24時間炊いて、二十日正月に食べる風習があると教わった。徹夜で火の番をしなければいけないから、大変で、若い人はやらなくなってきたそうだ。


旧魚市場 「鮒市とフナンクゴイ」の案内板

・ここで、長崎本線の東にあるので立ち寄らなかったが、宝円寺の興味深い寺伝の紹介をしておく。寛永十四年(1637)島原の乱が起きたとき、留守を預かる家老の田中安心の求めに応じ、船津の船頭山田五郎左衛門は漁船を借り集め、鹿島勢千百十三人の島原への渡海をいち早く成功させた。その褒賞として宝円寺が創建されたという。

・旧魚市場の先、右手に呉竹酒造がある。昭和8年に建てられた母屋と土蔵はこの通りでも最も大きなもので、国登録有形文化財になっている。


呉竹酒造

・その先、右手に知恩寺がある。本堂横の石造りの彫刻の見事な建物が目を引いたので、人に聞いてみたら納骨堂だそうだ。


知恩寺

・その先、右手の茅葺屋根の建物は修復中だ。

・その先、右手に元禄元年(1688)創業の光武酒造(佐賀県遺産)がある。案内板には、江戸時代多良海道の宿場町として「浜千軒」と言われるほど賑わったこと、豊かな多良岳の水により酒造業が栄え、通称「酒蔵通り」と呼ばれていることなどが書かれている。


光武酒造

・その先、右手に「酒蔵通小公園」があり、公衆浴場をイメージしたトイレが整備されているのがうれしい。

・左手に国登録有形文化財中島酒造がある。漆喰で「君恩」と書かれているのが印象的だ。

  
中島酒造

・案内板には中島酒造は浜町の中で一番古い酒屋であること、天保九年(1838)の記録では浜町には9軒の酒屋があったこと、明治18年に建築された主屋の入口には馬を繋ぐ鉄の輪が残ること、この建物で佐賀を舞台とした映画「次郎物語」(1987)のロケが行われたことなどが書かれている。慶安3年(1650)の創業であること、軒下に「持ち送り」という軒を支えるものがあることなどを教わった。

  
駒繋ぎ                持ち送り

・その先、右手山口醤油も十九世紀中頃に遡る建物、その横の八宿公民館は、浜郵便局跡で、昭和12年の建物だ。ここの案内板に現在の地名「八宿」は「八本木宿」という地名が短くなったものと説明されている。なるほど、「承応元年(1652)浜推定屋敷割復元図」には、浜川を渡ると、「浜北船津町」、「浜中町」、「八本木村屋敷方」と書かれている。

  
山口醤油                 八宿公民館

・右手八宿公民館の隣「継場」で、建物は国登録有形文化財。その前に「多良海道(長崎街道の脇街道)」と題する案内板がある。これまでの内容と重複するので省略するが、一つだけ、「多良海道」という名前の初出は、寛文五年(1665)に「島ノ子御帳」(鍋島家文庫)に「多良海道」という名前が出てくることがわかった。


継場

・「継場」は、この日は朝早かったので開いてなかったが、10月4日には開いていて、管理人の女性が説明して下さった。入口には「駒つなぎ」という馬の輪を繋ぐ金輪があり、軒下には「持ち送り」が4つもある。


持ち送り

・道に面した窓は、荷物を出し入れしやすいように全て蔀(しとみ)と呼ばれる撥ね上げ式になっている。「継馬」の馬は、奥の庭にいたそうで、馬が出入りしやすいように、玄関は「すり上げ戸」という今で言うシャッターになっており、奥の庭に通じる出入口は「はね上げ戸」になっている。「すり上げ戸」は、そのまま上にスライドできるようになっており、「はね上げ戸」は、上に90度はね上げて天井に留めるようになっている。昔の人の工夫に感心した。

  
すり上げ戸(玄関)           はね上げ戸(奥の庭へ)

・その先右手はJR肥前浜駅に通じる駅前通りだ。ここにあった大鳥居はなくなっていて再建は困難と判断されたと案内板のみが残る。

・駅前通りには、国登録有形文化財富久千代酒造がある。


福久千代酒造

・街道に戻って、駅前通りの先、左手、飯盛酒造があり、これも国登録有形文化財だ。レンガ造りの煙突が印象的だ。案内板に「鹿島の酒造りに関し、確認できる最も古い記録は貞享2年(1685)の「鹿島志」です。ここ浜町で酒造りが盛んになったのは元禄年間(17世紀末)からといわれています。」と書かれている。


飯盛酒造

・飯盛酒造の裏の方に茅葺屋根の旧乗田家住宅(鹿島市重要文化財)がある。もとは鹿島鍋島家に仕えた旧武士最所家の住まいで、19世紀初期の建築、佐賀県に特徴的な「クド造り」の屋根形状で、宿場町に残る数少ない武家屋敷の遺構だ。


旧乗田家住宅

・街道に戻って、道なりに右に曲がる辺りの左手に上使屋跡(藩営御茶屋)があるはずだが、表示もなく、わからない。

・「COOPのぞえ」の角を左に入って行くと「ドミニコ教会跡」がある。のぞえのご主人に、多良海道がわざわざ山の方の矢答峠を通ったのは、海岸沿いは領主が違っていたからと教わった。

若宮社の鳥居の前に「ドミニコ会が肥前に初めて建てた教会跡」と題する案内板がある。慶長十二年(1607)カトリックのドミニコ会修道会は、藤津郡浜町に肥前で最初の教会ロザリオの聖母堂を建てた。慶長十二年(1607)鍋島勝茂から教会設立の許可を得て、布教活動を開始したのが浜町であったのだ。翌年鹿島と佐賀にも教会を建てた。メーナ神父の『書簡報告』には「ここは日本だけでなく世界でも優秀な健康地です。平野で果物が多く、人々は親切で理解力があり、すべての事が信仰を説くのに相応しいのです。」と書かれているそうだ。三名のスペイン人宣教師達は、追放される慶長十八年(1613)十月八日まで布教活動を行った。


ドミニコ教会跡(若宮社)

・街道に戻って、その先、左手に茅葺屋根の民家があったりするが、やがて、「浜中町八本木宿地区重要伝統的建造物群保存地区」は、終わりとなる。

・右手後方からの国道207号と合流して、すぐ石木津川石木津橋で渡る。


石木津橋

・左手「善基(よしもと)商事」の角を左に入って行くと、小公園があり、藤の木と、鹿島藩最後の藩主、鍋島直彬が明治31年に建立した「藤津」の石碑がある。「藤の森」と題する案内板に、『肥前風土記』に書かれた藤津郡の名前の由来を紹介している。これによると、日本武尊が行幸して、この津に至った時、ともづなを大藤につないだ。因って藤津郡というという。

  
藤津の石碑

「しめご」信号の交差点に差し掛かる。

・この左手に820mほど行った所に誕生院がある。この時は、歩くには遠いので行かなかったが、2日後の10月4日、浜宿からタクシーで殿ノ橋(とんのはし)に向かった時、誕生院を経由して参拝した。


誕生院

誕生院は興教大師(覚鑁)の誕生地。覚鑁は、真義真言宗の祖で高野山に1132年大伝法院を創建し、金剛峯寺座主を兼ねた人物だ。なるほど『日本歴史大事典』に「肥前国藤津(ふじつ)荘の伊佐(いさ)氏の出身」とある。

しめご橋を渡る。

「小舟津(こぶなつ)」バス停を通過。

・右手に鹿島泉通(いずみどおり)郵便局、左手に鹿島市役所がある。

・中川を中川橋で渡る。中川橋は、朱塗りの欄干だ。祐徳稲荷神社を意識しているのだろうか。歴史を紐解くと、延宝九年(1681)に「歩行渡」とあり、飛び石で渡っていた。寛政八年(1796)八代藩主直宜のときに、現在の中川橋より上流に最初の土橋ができたようだ。


中川橋

・中川橋を渡るとすぐ右手に旧道があるので、右折して旧道に入る。


中川橋の先の旧道

・旧道は、坂道を下り終えると道なりに左に曲がる。

・右手「多良海道」の黄色い標識があり、「あいの駐車場」の所に、「祐徳自動車発祥之地」碑「祐徳馬車鉄道・祐徳軌道発祥之地」碑が並んでいる。明治37年に祐徳馬車鉄道が祐徳稲荷神社から塩田町まで開業し、その後武雄駅まで延伸された。


祐徳自動車・祐徳馬車鉄道・祐徳軌道発祥之地

・旧道は、その先で左折して、「東町」交差点で国道207号を横切って、その先に続く。

・右手「佐賀共栄銀行鹿島支店」手前に道路元標がある。「藤津郡鹿島町道路」まで読めるが、以下は地中に埋まっている。「鹿島町道路元標」と題する案内板に、浜大橋を渡った右手の道路元標の横にあった案内板と同じようなことが書かれている。ここは、大正元年に発足した鹿島町役場跡だ。


鹿島町道路元標

「逆川(さくさん)通り」交差点に差し掛かる。

・逆川は、中川から取り出した水路で、低い方から高い方に流れるので逆川と呼ばれる。現在は、右手の暗渠となっている。

「新天町」交差点の一つ手前の角に「←鹿島高等学校0.7km 武家屋敷通り1.5km」などの表示があるので、街道を離れて、向かうことにした。

大手通りと呼ばれるこの通りの途中「松陰神社」の鳥居をくぐって行くと、突き当りに鹿島城大手門がある。切妻造り高麗型の切妻屋根で佐賀県の重要文化財となっている。案内板によると、明治7年佐賀の乱の際鹿島城は焼失したが、赤門及び大手門が類焼を免れ残存した。


鹿島城大手門

鹿島藩は、佐賀藩の支藩で、佐賀藩主鍋島直茂(なおしげ)の次男忠茂(ただしげ)が、藤津郡鹿島に慶長14年(1609)に2万石の所領を分与されたことに由来する。忠茂は徳川秀忠の御側(おそば)小姓役を勤め、下総矢作(やはぎ)(千葉県香取市)にも5000石を領していた。忠茂の嫡子正茂宗藩主鍋島勝茂と折り合いが悪く、寛永19年(1642)その所領は没収、勝茂の九男直朝(なおとも)に与えられ、正茂は矢作領5000石のみの旗本となって移封。直朝以後直彬(なおよし)に至るまで11代にわたり佐賀藩支藩として存続した。

・鹿島城は、文化4年(1807)北鹿島の常広(つねひろ)城が塩田川と鹿島川の氾濫と洪水で城内に濁流が流れ込むようになったため九代藩主の鍋島直彜(つね)が幕府の許可を得て新城を高津原に建設した。赤門前の案内板には、「常広城の創立についての詳しい経緯は良く分かっていませんが、信房が築き、鹿島藩初代忠茂・2代正茂と続いた城を、三代直朝(なおとも)が修築整備し、承応元年(1652)に鹿島城の居城として完成させたと考えられます。」と書かれている。この点、『祐徳稲荷神社史 今續續鹿島誌』には、「慶長14年(1609)忠茂鹿島城ニ入リ城郭ヲ修繕シ」と書かれ、その後、元和元年(1615)一国一城の制により恒廣城などは廃城になったこと、直朝公が寛永20年(1643)国に入られ、当初は田代に居館されたこと、承応元年(1652)常廣に新たに館を築かれたことなど書かれている。


鹿島城武家屋敷群

・大手門から風情ある武家屋敷群を通って、上り坂をかなり行った所に赤門、すなわち鹿島城本丸の正門がある。切妻造り桟瓦葺き、薬医門という形式で、正面右側に片番所が付いている。こちらも佐賀県の重要文化財に指定されている。現在は、鹿島高等学校の正門として使われている。


鹿島城赤門(正門)

・街道に戻って、すぐ先、「新天町」交差点を右折する。


新天町交差点(右折)

・東は「中牟田」、西は「西牟田」だ。伊能忠敬『測量日記』文化九年(1812)十月廿六日には北から南に向かって「右側西牟田宿左側中牟田町とも村、左右中牟田村、此村に鍋島丹波守陣屋あり。」と書かれている。「宿」と「村」が使い分けられているのだが、「左右中牟田村」と続くのがよくわからない。『九州文化図録撰書3 長崎街道 肥前長崎路と浜道・多良海道 』には本町の古老は南西の方角の意味で「さる町」と呼んでいると書かれている。


鹿島駅への道

・直進すれば肥前鹿島駅に通じるが、左手に交番がある角を左折する。


交番の角を左折

・街道は、緩いカーブとなっているが、祐徳馬車鉄道の軌道を敷設したときからで、それまでは鋭い鋭角の死角道であったとのこと。


祐徳馬車鉄道の軌道跡

・左手の「きらく」駐車場が昔の「砂糖屋」(西牟田)で、その隅に清水観音がある。ここは、一里塚跡で、浜町から一里、次は、真崎の一里塚だ。清水観音は、名前がないので、あとで、人に聞いたが、名前は知らなかった。


清水観音

・その先、右にカーブして、左手に国登録有形文化財・佐賀県遺産の矢野酒造がある。案内板によると、寛政8年(1796)の創業で、現在の建物は、明治37年から昭和初期にかけて建てられた。ここにも「多良海道(長崎街道の脇街道)」と題する案内板がある。店の前に恵比寿像「水神社」碑がある。


矢野酒造

・矢野酒造の右手の道は、「稲荷通り」で、鹿島郵便局に通じ、途中に、鹿島稲荷大明神がある。案内板にこの辺りは北鹿島の「本町」に対して「新町として発達」と書かれている。


鹿島稲荷大明神

・その先横沢橋の手前「鹿島市新町」信号のある三叉路右手に「新宮」神社がある。祭神は菅原道真だそうだ。隣が晒し場だったという。


新宮神社

横沢橋鹿島川を渡る。貞享二年(1685)の『鹿島志』に「板橋アリ」とあるように、早くから橋があった。左手に均整のとれた円錐形の唐泉山(標高410m)が見える。事比羅神社からも見えたが、肥前小富士鹿島富士と呼んでいるそうだ。鹿島川は干満の差が大きい河川で、舟運が盛んだった。鹿島川の河口近くに船番所、横沢橋の下流に藩米を納める米蔵があったという。

  
横沢橋(鹿島川)と鹿島富士(唐泉山)

・横沢橋から道慶橋までは、寛政八年(1796)の『鹿島往還筋普請定帳』に記されていて現在もほとんど変化していないという。旧役場跡を挟んで南が下町、北が本町で、商店街が続く。天正四年(1576)、龍造寺隆信が、藤津郡の有馬勢を攻めて合戦したとき、浜町の松岡城に居た有馬晴純(仙崖斉)がこの橋際に築いていた横山城が合戦の舞台となり、龍造寺の勝利に終わったそうだ。

横沢橋を渡ると、左手に諸国屋がある。江戸時代から続く旅籠屋で、「旅館料理諸国屋」として現存する。「多良海道旅籠諸国屋 伊能忠敬御一行宿泊の地」という看板が出ている。伊能忠敬『測量日記』文化九年(1812)十月廿五日に「止宿本陣徳人屋忠右衛門、別手諸国屋茂平、同小間物屋庄五郎」と記されているので、伊能忠敬本人は本陣に泊まり、「別手」が諸国屋に泊まったようだ。もっとも鹿島は正式な宿ではなく、合の宿だったので、「本陣」というのは間違いかもしれない。


諸国屋

・右手に蔵造りの旧家がある向かい、街道左手に願行寺がある。赤い山門は、常広城を解くとき寺がもらい受けて移築したといわれる。


願行寺の赤い山門

・その先、右手の家の陰に隠れるようにして「鹿島宿継場跡」の案内板がある。もう少しで見落とすところだった。よく見ると、奥に「本町公民館」がある。案内板には、江戸時代、この辺りに鹿島宿の継場があったこと、文化九年(1812)十月二十五日に有明方面から鹿島に入った伊能隊がここ鹿島本町に宿泊したこと、隊長の伊能忠敬は吉田忠右衛門(徳人屋忠右衛門)宅に、副隊長の坂部貞兵衛は梅崎茂平(諸国屋茂平)宅、その他の隊員は村田覚兵衛(小間物屋庄五郎)宅に泊まったことが鹿島藩日記と伊能忠敬測量日記に記されていることが書かれている。

  
鹿島宿継場跡

・その先、道慶橋を渡ってすぐ左折する。突き当りに毘沙門天王があり、その手前を右折する。『九州文化図録撰書3 長崎街道 肥前長崎路と浜道・多良海道 』には「電光型」と表現しているが、普通かぎ型と言われる曲がり方だ。

  
道慶橋(渡って左折)            毘沙門天王

・途端に道幅が狭くなり、その先、乙丸地区の丁字路で、さっきから通って来た道が左折して来たのとぶつかる。

  
乙丸への狭い道            丁字路(左折)

・この先、左折してこの道に合流するのだが、ここで街道を離れ、右手に進むと、線路の向こうに北鹿島小学校がある。ここは、常広城跡で小学校の前に赤門がある。


常広城跡の赤門(北鹿島小学校)

「旧鹿島城趾由来」碑によると、浜町の松岡城に居た有馬晴純(仙崖斉)は、竜造寺隆信に対抗するため鹿島川の江に横沢城を築き、その出城の砦が鹿島城(乙丸)であったが、天正四年(1576)竜造寺が支配することとなった鹿島城には戦に手柄のあった鍋島信房が置かれた。竜造寺隆信が天正12年(1584)島原で戦死すると、肥前国の実権は、鍋島信房の弟鍋島直茂のものとなり、その子勝茂が初代藩主となる。勝茂は、弟忠茂(ただしげ)に2万石を与えてここに鹿島藩が成立した。承応元年(1652)三代藩主鍋島直朝はこの地に新しく城を築きなおした。

・街道に戻る途中、鏝絵(こてえ)が飾られている家があるのが気になった。たまたま外に出ていたご主人に聞いてみたらこの方の趣味だそうだ。鏝絵は、漆喰が乾かないうちに絵付けをするのが難しいそうだ。一歩は、伊豆長八が有名なことと、北陸道を歩いた時、高岡と富山の間にある小杉が鏝絵の町として有名なことを知った。


鏝絵の家

・街道に戻る。

・右手に鹿島乙丸郵便局がある。乙丸の地名はお城の二の丸に由来するそうだ。甲乙と二番目だからだろうか。


鹿島乙丸郵便局

・その先、「殿ノ橋(とんのはし)」交差点に差し掛かる。名の由来は殿様の通る道とのこと。


殿ノ橋(とんのはし)交差点

・非常に複雑な交差点で、地図と見比べて慎重に道を選んだ。ここは、西に向かう国道498号に一旦入って、塩田方面に進み、すぐ先、大きな石のある民家の角を右折する。直進する塩田宿へと向かう道との追分だ。


塩田道(直進)との追分(右折)

・正面に杵島山を見ながら「土井丸」区を進む。


土井丸区

・左手に鏡智院がある。


鏡智院

今宮橋永深橋でそれぞれ水路を渡る。

・右手に大師堂がある。

塩田川古渡橋で渡る。かつては船渡しだった。

  
古渡橋(塩田川)

・古渡橋を渡って、道なりに右手に少し進むと、川沿いの県道324号を右に分け、左手に旧道がある。最初わからなくて、川沿いに進んで途中で左手に道があるのに気づいて引き返した。


旧道へ(左手)

・旧道は、左手の山裾の細い道だ。

・左手に地蔵堂がある。

・やがて、右手の川沿いの県道324号に出る。

・左手消防器具庫の先、「百貫」バス停の所の左手に地蔵堂がある。


百貫バス停横の地蔵堂

・橋を渡ってすぐ左折する。

・左手に琴平神社・海童神社がある。


琴平神社

・その先、ずっと直進してしまい、かなり先まで行って間違いに気づき引き返した。

琴平神社の先の角を左折しなければならないのだ。


琴平神社の先の角(左折

・左手に百貫公民館を見て進む。

・左手に「しようず跡」がある。清水のことを「しょうず」と言っていたようだ。百貫の付近は杵島山の山裾で、真水の少ない地形で、岩場から滲み出る水飲み場は貴重な存在だったとのこと。


しょうず跡

・その先、左手に地蔵堂がある。

・その先、「深浦」という表示の所を間違って右折してしまって、引き返した。

・「深浦」の表示のもう少し先まで行ってから右折する。


深浦の表示の先を右折

・左手に茅葺屋根の家がある。

・その先、左手に深浦聖観音堂がある。平安時代後期の作と推定され、白石町重要文化財で、毎年七月十八日のみ公開される。


深浦聖観音堂

・街道は、ここを道なりに右折、その先丁字路を左折する。

・十字路を横切り、その先、二股を左前方に進む。


二股(左前方へ)

・道なりに緩やかに右に曲がりながら進む。

・その先三叉路の付け根にお堂がある。


三叉路(左折)

・街道はここを左折して上り坂を上り、深浦峠に向かう。


深浦峠への急坂

・想像以上に急勾配の上り坂で、一歩一歩進むのがやっとだ。

・上り詰めた突き当りに、深浦天満宮がある。


深浦天満宮

・右手に二股があり、旧道は左前方に進む。


二股を左へ

・まだ上り坂が続き、左手にお堂があり、有明南小学校がある。

・この辺りがどうやら深浦峠のようだ。深浦(龍王)峠は、天正四年(1576)藤津攻略に乗り出した龍造寺隆信が、六千五百人の軍勢を集めて軍略を練った峠だ。天正十二年(1584)隆信が有馬征伐のために、総勢五万七千余人の大軍を率いてこの峠を下った海童神社に祈願して塩田川の河口から出船した最後の地となった。


有明南小学校

・その先、下り坂となる。

・すぐ先突き当りを右折、道なりに左に曲がり、その先の二股を右に行く。


二股を右へ

・左手に墓地、その先、溜池改修碑を見ながら進み、その先を左折する。


溜池改修碑

・下り坂を下り切った所、左手に彦嶋神社がある。木造神像三躯は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての作と考えられており佐賀県重要文化時に指定されている。


彦嶋神社

・その先、左手山裾に石造六地蔵がある。天文七年(1538)の建立で、白石町重要文化財に指定されている。笠つきの燈籠のような上部に六体が円周上に並んでいる。六面幢という。


石造六地蔵

県道214号に突き当り、消防器具庫の角を左折する。


消防器具庫の角を左折

・左手に「放生池畔の石塔群」と題する案内板がある。放生池は「清水が絶えることなく湧き出て、かつては、長崎脇街道を往来した人々の「憩いの場」」だったそうだ。ここには、さっきの石造六地蔵を含め約12の石仏石塔が現存している。


法生池畔の石塔群

・すぐ先、「室島(むろしま)」信号を右折する。


室島信号

・田畑が広がるのどかな田園風景となり、「原田」の集落表示がある。

・右手にJR肥前竜王駅が見える。

・左手に「島津」の集落表示がある。

・その先、右手に「ここから通学路」の表示がある角を右折する。


右折

今橋を渡ると白石町立有明西小学校の南角に突き当り、「錦江のいぼ地蔵」がある。先に進んでから台座を見落としているのに気付き、引き返した。台座には「忍来屋路の岐に我として、往も還も思一子」と刻まれている。


錦江のいぼ地蔵

・ここを左折する。

・右手に有明西小学校正門がある。

・左手の「錦橋」は渡らず、川沿いを直進する。

・左手に「二級河川廻里江川(めぐりえがわ)」の看板がある。

・その先、「高町」の集落表示があり、稲佐神社の一の鳥居がある。高さ三間二尺(約6m)余り、笠木の長さ三間五尺(約6.9m)という大鳥居だ。貫は一本の石から切り出したもの。街道から遠いので行けなかったが、参道の石段には天正十三年(1585)建立の肥前鳥居があるそうだ。伊能忠敬も稲佐神社に参詣している。


高町入口稲佐神社の一の鳥居

高町宿には、藩営の御茶屋や人馬の次ぎ場があったという。浜宿から弐里三丁(約8.3km)、鹿島宿(合の宿)から壱里二十九丁(約7km)、六角宿へ壱里三丁(約4.3km)に位置する。


高町宿

・落ち着いた町並みが六丁(約650m)ばかり続く。

・左手に高町郵便局、その先、左手に弁財天がある。鳥居の先の境内に高町公民館があり、境内には自然石梵字板碑群、楠大権現ほかの石塔群がある。


高町の弁財天

・高町宿の集落が途切れ、北東角に地蔵堂(三界万霊塔・双体地蔵)のある十字路に差し掛かり、「廻里」(北向き)、「六ヶ里」(東向き)の表示がある。ここを右折する。


高町の先を右折

・田園地帯の先、民家と民家の間を左折(北へ)する。分かりにくいので、GPSを頼りに慎重に場所を選んだが、右手のカーブミラーが目印だ。


民家の間を左折

・民家が途切れ、二つ目の水路を跨ぐと、「吉村」の集落表示がある。

・左手に吉村天満宮がある。鳥居の横に「嬉野茶祖 吉村新兵衛ゆかりの地」の白い標柱がある。茶祖吉村新兵衛は、郷士大串太郎右衛門の子。郷士大串太郎右衛門は、竜造寺隆信に味方し、敵と戦って、追われて吉村天満宮の奥に逃げ込み一命を取り留めたので、神恩に感謝し、姓も吉村と改めた。その子吉村新兵衛は、大庄屋を継ぎ、さらに鍋島勝茂に仕える役人になったが、落ち度があり生害になるところを父の戦功などによって一命を助けられ、以後、茶業を立て、嬉野茶の基礎を築いたという。境内には「嬉野茶祖 吉村新兵衛ゆかりの地」と書かれた大きな石碑と詳細な案内板がある。


吉村天満宮

・街道は、この先、右折してすぐ左折、更に右折、左折をして、北へ直進する。

・水路に「吉村」の集落表示がある。

・その先、十字路の北西角に「江越地蔵」と呼ばれる地蔵堂がある。


江越地蔵

・その先の十字路の東南角に「子供地蔵」と呼ばれる地蔵堂がある。三面なのでお地蔵様ではなく、馬頭観音ではなかろうか。


子供地蔵

・田園地帯をまっすぐ進み、右手に揚田の変電所が見える所の十字路を右折する。

・左折、右折すると、右手に「九州電力白石変電所」がある。


揚田の変電所

・変電所の少し先に、折れた道標をたまたま見つけた。右手電柱に隠れるようにしてある。「南かしま 北六角」「道」と刻まれている。「東秀津」という文字も読める。


折れた道標

・その先、「揚田」という集落表示がある。江戸時代の初期に鹿島地方では、干拓のことを「籠」と称し、それより古いのを「揚田」と呼んだ。江戸中期になると海岸線の干拓事業が進みこれを「搦」と称している。明治になって初めて「干拓」の呼称が一般化したとのこと。


揚田

・その先、「網代(あじろ)」の集落表示がある。


網代

・街道から離れた右手には藩主が鷹狩りに訪ねた鍋島勝茂屋形跡があるという。

・左手に白石高等学校がある。この辺りが六角町の出入口だ。


白石高等学校

・右手十字路の北東角に六角郵便局がある。この角を右手に入って行くと、左手に六角小学校がある。校庭側から御茶屋跡の碑があるはずと目を凝らすと、右手奥の正門から入った校舎の前に何やら石碑が見えるので、ぐるっと右に回り込んで行ってみた。案の定、「御茶屋埜址」の石碑だ。御茶屋は、安永六年(1777)佐賀八代藩主治茂のとき六角町の大庄屋黒木藤兵衛が献上した。佐賀藩主の杵島山の調練狩りの際のお立ち寄り所となっていた。文化三年(1806)藩主斎直が長崎警固見回りに、六角町の御茶屋に泊まっている。この時のコースは、途中湯江と矢上に泊まって長崎に到着した。


「御茶屋埜址」碑(六角小学校)

・元の十字路に戻る。

・右手に六角郵便局(明治7年創業)がある。この辺りが六角宿の南の出入口だった。元は宿の中心の次ぎ場跡に設置されたものが移ったという。


六角郵便局

六角宿は、六角川の河畔に開けた水運に恵まれた宿場町だ。白石町中郷で、南郷を本町、北郷を新町と呼んでいる。再々の大火に見舞われている。

・左手に中郷公民館がある。

・右手に広い空き地があり、「杵島建設労働組合」の建物がある。この空き地に石祠に入った太子像がある。

・その先、左手にぽつんと仏像がある。どうやら延命寺跡らしい。左手奥に入って行くと、「延命寺墓地の碑」と題する案内碑がある。この地は、戦国時代の六角判官屋敷跡で、墓地の中央の台座に「周防守」と刻まれているという(読めなかった)宝篋印塔六角判官の墓と伝える。江戸時代六角郷の大庄屋も勤めた黒木氏は、代々藤兵衛の名を継ぎ六角屋敷の一部を墓所とし、享保初年に延命寺を営んだ。第四代鍋島吉茂公の時代から佐賀藩主は黒木宅に逗留、第八代治茂公の安永六年(1777)に至り、黒木氏は、屋敷裏東に御茶屋を建立し献上した。それがさっき見た六角小学校の場所だ。


六角判官の墓

・街道に戻って、その先、左手に新光寺を見てその先、不動明王像のある所を右折する。

・すぐ先、JR長崎本線「中郷第二踏切」を渡る。


中郷第二踏切

・「中郷」の集落表示があり、六郷川に架かる六郷橋の手前左手に、に入った馬頭観世音恵比寿像がある。

六角川は、江戸時代舟渡で、伊能忠敬『測量日記』文化九年(1812)十月二十三日に「六角川巾四十八間、舟渡」と書かれている。江戸時代の渡し場は、現在の六角橋よりやや下流にあったといい、数年前までは砂利を積んだ船が停泊する入り江で、舟守の人家が一軒残っていたそうだ。そこには金比羅大権現を祀る鳥居が残っているというので行って見た。

「金刀比羅宮」の扁額の架かる立派な肥前鳥居と石祠がある。横に「海童神社」の石塔もある。


金比羅宮

・今となっては六角橋を渡るしかないので、側道橋を渡る。現在の六角橋は昭和6年開通の三代目だそうだ。


六角橋(六角川)

・六角橋を渡ると、「江北(こうほく)町」になる。

・すぐ先、国道207号を左に分けて、右斜め前方に旧道があるので入る。


六角川の先の旧道

・右手に石祠と木造の大師堂稲荷大明神「光明真言一百萬遍塔」がある。「大師堂の由来」碑によると、これらは、六角川改修工事に伴い現在地に遷座したものだそうだ。


大師堂

・左手の国道207号に合流すると、右手に「下小田」バス停がある。

「江北町下小田(しもおだ)」交差点を通過。

・右手にラブホテル、左手「Panasonicもろおか」の角で、国道207号を右に分け、左折する。


「もろおか」の角を左折

元の六角川は、南と北に大きく蛇行していた。三代藩主綱茂のとき北に湾曲した部分を閉じて川の流れを変えた。その閉じた部分が八丁あることから「八町」の名前が生まれた。

・街道は、この蛇行した元の六角川(西古川)に沿って半円を描くように続いていたので、できるだけこれに忠実に歩くこととした。

・今でも右手に西古川が流れている。それを眺めながら、のどかな田園地帯を行く。

  
のどかな田園地帯             西古川(元の六角川)

・この道は、途中で途切れているので、直進して右折するしかない。大分先まで行き過ぎてから右折したので、合流した国道207号を引き返した。国道沿いの「レストランやまさき」に出る位置で右折するのがよいことが後でわかった。

・「レストランやまさき」の先、国道207号の東に旧道が少しの間あるが、すぐ通れなくなり、国道に戻った。

  
レストランやまさきとその先の旧道

・いよいよ後は、肥前山口駅近くの長崎街道との追分目指して一直線となる。


国道207号

「江北学校入口」バス停を通過。

・国道34号まで150m地点、右手に地蔵堂がある。

「東分(ひがしぶん)」信号で、江北バイパス(国道34号)を跨ぎ、長崎本線六角国道踏切を渡る。

「新宿(しんしゅく)」交差点で国道35号を横切ると、その先、ようやく長崎街道に突き当る。ここが追分で、長崎路浜道の終点だ。踏破の記念撮影をした。一歩にとって80街道目の記念すべき踏破となった。しかし、まだ明日から2日間多良海道を歩かねばならなので、踏破の感激に浸っている余裕はない。


浜道踏破(長崎街道との追分)

肥前山口駅発18:28発の電車で今宵の宿の肥前鹿島駅に向かった。



百街道一歩の道中記トップへ百街道一歩の長崎路浜道トップへ